イヤイヤ期大爆発!2歳のイヤイヤ期とどう向き合うか

こんにちは!ふみです。

私には2歳半の娘がいますが、現在絶賛イヤイヤ期。

2歳からイヤイヤ期が始まりますよーと聞いたことはありましたが、まぁ多少のイヤイヤはあったものの

ふみ

なーんだこんなもんかー。楽勝ジャーン

…なんて思ってたら、ここ最近手が付けられないほど暴れ狂う様になりました。

 

自分がしたかったー!ぎゃー!!!

これ嫌だー!ぎゃー!!!

あっちに行きたいのにー!ぎゃー!!!

 

理不尽な怒りをぶつけられる毎日です( ノД`)

 

イヤイヤ期とは

早い子だと1歳から、大体2歳半で始まるようです。

イヤイヤ期は成長に必要な発達期間だそうですが、毎日続くと終わりが見えなくて親も嫌になってきますよね。

 

イヤイヤのパターン

これは娘の場合ですが、ここ数か月続くイヤイヤのパターンを紹介していきます。

「これじゃない!」

女の子特有なのか分かりませんが、毎日の服や髪形を「これじゃない!」と泣き叫び訴える様になりました。

特にこのイヤイヤが発動するのが朝の忙しい時間帯なので、私もつい

いい加減にしなさいよ!!!

と大きい声を出してしまいます。ダメなのは分かってるけど…悪いことしたなぁと、保育園に送り出してから襲い掛かる自己嫌悪。

こんなときは
まず本人のやりたいことを聞きます。どんな服が良いのか、どんな髪形にしたいのか。すごいファッションセンスになろうが、とんでもない髪形になろうが、まず本人の意見を聞いてあげて実践してからこちらの言い分を伝えると納得してくれます。

 

「私がやりたかった!!」

 

これは先日買い物に行くときに抱っこしてほしいと娘が言ったので、抱っこして車に向かいチャイルドシートに乗せたら

「…あーちゃん(仮)がやりたかった…あーちゃんが歩きたかったー!!!うわーん!!!」

 

と。

ええーだって抱っこって言ったジャーン!あーちゃんが自分で抱っこしてって言ったんジャーン!

 

何て言ったとしても、もう歩きたかった娘は歩きたかったから何を言っても通じません。(日本語おかしい)

どのくらい泣いたかなぁ(遠い目)

 

こんなときは
  • 「歩きたかったんだね」と、娘の言葉を理解してあげる
  • それでも泣き止まなければ、玄関から出直す

辛いw

 

「~~したい!!!」

 

娘はガチャガチャとyoutubeが大好きで、よくそれがしたいと大騒ぎします。

家に居ても、急に「ガチャガチャしたい!!!!!!」と言い出します。記憶力凄いな。

 

これは教えた私たちが悪いんですが、特にyoutubeは無くてはならない存在です。批判もあるけど共感してくれる方は多いんじゃないでしょうか。

 

ガチャガチャは初めての時は、病院を頑張ったご褒美代わりにアンパンマンのガチャガチャをしたのがきっかけ。

 

こんなときは
  • youtubeの約束を決めておく。わが家は、お家でしか見れないと言っています(通信料やばいから)。お店の中でもなるべく見せません。というかスマホを出したら欲しがられるので、娘の前でスマホを出さないようにしています。
  • ガチャガチャをしたいときは、これもとりあえず同調しますが、熱が冷めるのを待ちます。「ガチャガチャあるかなー」と言い続けると諦めてくれるので、落ち着いたら「ガチャガチャ」を言わないようにしますw

2歳にはまだ早いのかもしれませんが、わが家はなんちゃってお小遣い制度を導入しています。

多いんですが月1000円を娘の財布に入れて、ガチャガチャはお小遣いの範囲でと言っています。

 

これがないととめどなくて…(´;ω;`)多分というか1000円は普通に超えちゃうので、お金の勉強も兼ねてなんちゃってお小遣い制度オススメです!

 

「ご飯食べない!」

 

これは深刻な悩みなんですが、ご飯を食べないんです。離乳食が始まって早2年。完食したのなんて指折り数えるくらいで、今や拒否する時は大暴れ。

保育園の給食に栄養バランスを託してる始末です。

こんなときは
  • 一緒に食べよう~と誘ってみる
  • 少しキャラっぽいのを入れる
  • 好物をメインに
  • 最終手段はおにぎり!

 

食べなさい!と強要するのは逆効果で、ご飯の時間自体嫌いになりそうなので、感情的にならないように気を付けています。ちなみに娘の大好物はしめじ。ヘルシーw

ふみ

食欲の塊のような私から生まれたのに、何でそんなに食に興味がないんだ~?ある意味うらやましいけども←

 


と、まぁ抜粋な感じですが、うちの娘は主にこんなイヤイヤを毎日飽きもせずにやっています。

 

急にイヤイヤが始まったら

これは本当にこの時の親のメンタルにもよるんですが、なるべく感情的にならないようにすることですね。

そして、代弁して共感してあげる。

「〇〇が良かったんだね~」

「これやってみる?」

など、子供に寄り添った返答がベスト。

 

ふみ

分かっちゃいるんですけどね。これが出来ればイヤイヤ期に悩む親なんて居なくなりますよね。いつもお疲れ様です。

 

怒るんじゃなく、叱る

これは私の母によく怒るんじゃなく、叱ってあげなさい。と言われています。

 

怒る
感情的になって理不尽なことを言ってしまい、感情のまま手が出てしまう事もあります。その後、自己嫌悪に陥り負の連鎖へ突入します。

私の場合、時間に余裕がない時や全然いう事を聞かないときによく怒っています。私本位の考えが通らない、思い通りにならないと感情的に怒るんです。

 

叱る
子供が危ないことをした時や、社会的ルールに反した行動をした時に、「これはいけないよ」と優しく指導すること。ここに怒りの感情は無いです。

例えば私の場合、娘がお店の商品を乱雑に扱ったり、外で急に走り出した時等に叱ります。命の危険があることは叱りますよね。本当に大事なことって結構言い聞かせるように言ってます。

 

↓このサイトで違いを分かりやすく説明してくれています。↓

 

よく悲しいニュースがありますが「しつけのためにやった」系は、しつけじゃなくて感情の大暴走だろう…。と思う時もあります。

 

イライラ言葉言い換え辞典

 

2歳になり、プチイヤイヤが始まった頃に初めて購入した育児書です。

 

私は今でも感情的に怒ってしまう事が多いので、自己嫌悪タイムにこれを読んでいます。

 

著者は江藤真規さん。娘さん二人を東大現役合格させたらしいです!すごい!

娘を東大に行かせたいわけでは無く、イライラの言い回しが分からなかったので、藁にも縋る思いで購入しました。

 

私がよく言ってしまうイライラ言葉を抜粋します。

 

うるさい!・・・「ちょっと聞いてくれる?」

うるさい!は、しゃべっちゃダメ!というメッセージとして伝わり、表現力や主張する力を奪ってしまう可能性があります。

 

早くしなさい!・・・「時計の針が〇〇になったら出かけるよ」

早くしなさい!と言われて急げる子供はまずいません。子供は「今」という世界に没頭して生きているからです。急がせる発想ではなく、時間になったことを伝える気持ちで。

 

2つ抜粋しましたが、いかがでしょうか。省略して書いてしまいましたが、この本はイライラをどう言い換えればいいのかその時の子供はどんな心境か言い換えたことによってどのような効果があるのかを、詳しく書いています。

この本を購入したのは娘が2歳になってすぐでしたが、参考になる箇所はたくさんあり、実践してるところもあります。

 

そしてこの本、何と69個ものイライラ言葉を変換してくれています。そんなに出てくるかイライラ言葉…。

小学生になっても使えそうな用語が多いので、長い付き合いになりそうです。

 

最後に

 

偉そうに語りましたが、まだまだイヤイヤ期に対応しきれていないので、私の備忘録として書いたところもあります。

毎日イライラもするし、怒ったりもします。自己嫌悪を繰り返しながら、子供と一緒に成長できたらなと思います。

 

子育ては自分育て。まだまだ未熟な自分にたくさんの事を教えてくれる子供の存在は大きいものです。

 

仕事しながら子育てしてるお母さん、お父さん。

毎日子供の面倒見ながら家のことをしている主婦さん、主夫さん。

おじいちゃん、おばあちゃん。

はたまたお兄ちゃんお姉ちゃんもいるかな?

 

★子育てに尽力しているすべての方に幸あれ!!!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA